駐夫@シアトルの海外生活

駐夫(主夫)がシアトルの魅力を発信

スポンサーリンク

地元シアトル民御用達「TOP POT DOUGHNUTS」に行ってきた!

あのオバマ前大統領がシアトル訪問時に食べたとされる、TOP POT DOUGHNUTS。QFCやFredMeyerにも卸しているがオリジナル店舗初めての訪問。


f:id:seattlelifelog:20210226182530j:image


f:id:seattlelifelog:20210226182745j:image

外観はいかにもドーナツ屋さんっぽく、ワクワクさせる印象がある。屋根の上のドーナツのロゴもいい感じ。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210208082240j:plain

創設者のマークとマイケルの兄弟のロゴ。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082245j:plain

TOP POTと逆さ文字になっているところもナイス!

 

f:id:seattlelifelog:20210208082252j:plain

店内はとても綺麗で黒板のメニューがいかにもカフェらしい。右にはアイスのショーケースがあった。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082258j:plain

オリジナルのコーヒーやタンブラーも販売。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082303j:plain

日本人にとって「甘すぎない」というのは、アメリカでのドーナツ選びの重要なポイント。ここのドーナツはどれも程よい甘さで生地がモチモチしていて美味しい。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082310j:plain

特に、ラズベリーがオススメでチョコレートの甘みとラズベリーの酸味が絶妙に合わさっていた。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082315j:plain

プレーンなドーナツもあり。こういうプレーンなドーナツこそ味で勝負している感じがして好き。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082323j:plain

この日はイートインできないよう椅子が机に上げられていた。非常に残念な光景ではある。ジュースの販売などもあるのでお子様連れでもドリンクは安心。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082328j:plain

値段も手頃なのが嬉しいところ。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082334j:plain

f:id:seattlelifelog:20210208082341j:plain

アイスも美味しそうだったけど冬だったので注文は遠慮した。。。

 

f:id:seattlelifelog:20210208082346j:plain

表にある水道。これも一つのデザインになっている。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210208082353j:plain

f:id:seattlelifelog:20210208082359j:plain

 

f:id:seattlelifelog:20210208082409j:plain

今回、我が家が購入したドーナツたち。どっぷりチョコレートがかかっているのは、見た目が甘すぎる印象だが、そんなことはなくライトな感じのドーナツでバクバク食べられる。

 

手前のピンクのラズベリードーナツがとても美味しかった。

 

マラサダが美味しい「HAPA FOOD COMPANY」に行ってきた!

ハワイのレナーズ・ベーカリーが有名な「マラサダ」ドーナツ。シアトルでも食べられるということで、HAPA FOOD COMPANYに行ってきた。

 

f:id:seattlelifelog:20210208073718j:plain

f:id:seattlelifelog:20210208073722j:plain

出来たてのあつあつドーナツに濃厚なカスタードクリームが格安で食べれるB級グルメ。

 

近くにPaneraというコーヒーショップもあるので、買ったばかりのマラサダを持参してコーヒーショップの外で食べるのが最高のロケーション。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210208073726j:plain

アメリカではごくごく一般的なフードトラック。ペイントはカラフルで遠くからでも目立つデザイン。

 

f:id:seattlelifelog:20210208073731j:plain

ハワイをイメージしたロゴ。とても清潔感がある。

 

f:id:seattlelifelog:20210208073736j:plain

料金表。マラサダは6個入で$9.99(カスタードなし)から売っている。カスタード入りにすると追加料金。4個入りとかでも注文できる。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210208073743j:plain

 

 

 

ベリンハムにある「Whatcom Falls Park」に行ってきた!

ワシントン州の北部にBellinghamという、とても自然豊かな小さな街があって、その中にWhatcom Falls Park(ワットクーム・フォールズ・パーク)がある。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025613j:plain

大きな遊具や野球場もあり、トレイルやジョギングコースもあってとても広々とした公園。目玉はなんといっても水流の勢いがとてもある滝。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025608j:plain

橋を渡り回り込むと、滝の直前まで近づける。足を滑らせると簡単に滝壺にまっしぐら。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123025603j:plain

急流な滝であるため、滝の轟音がすごくて遠くからでも聞こえてくる。落下スピードはナイアガラの滝レベルに近い感じ。とても迫力があって、もっと人気の観光スポットになってもいいと思う。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123025619j:plain

橋の反対側から流れていく水流を撮影。奥には斜面を利用した急流も見られる。観光客は全くおらず、地元の人の憩いの場となっているようだ。

 

シアトルからバンクーバーの方に観光に行く人には、ぜひ一度立ち寄ってもらいたい。

 

 

カナダの街並みが見える 「Blaine Marine Park」に行ってきた!

国境にあるピースアーチを見た後は、近くにあるマリンパークへ。ここはワシントン州で最北端のうちの一つの公園。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025025j:plain

f:id:seattlelifelog:20210123025030j:plain

近くに造船所もあることから、船や海ににちなんだ遊具がたくさん。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025035j:plain

近くのボート置き場。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025040j:plain

この日は天気もよく日差しが眩しかった。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025045j:plain

カナダの風景をバックに新品同様の遊具で遊べる環境はとても良い。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025052j:plain

憩いの場。ベンチがあり波一つない海を眺められる。向こうがに見える建物は全てカナダ。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025058j:plain

公園から見える、国境「ピースアーチ」。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123025213j:plain

シャチの遊具もあり。

f:id:seattlelifelog:20210123025110j:plain

魚の看板もあって、写真撮影には絶好のポイント。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123025116j:plain

カナダの高層ビル群。バンクーバーの街かな。

 

f:id:seattlelifelog:20210123025127j:plain

海が近いため風はつめたいけど、とても広くて静かな公園。もしピースアーチに行ったら帰りに寄ってみてはいかがかな。

 

 

アメリカとカナダとの国境「ピース・アーチ」に行ってきた!

シアトルのあるワシントン州はアメリカの最北西端の州であり、陸路(車)でカナダのバンクーバーまで行ける。

コロナの影響で国境は物流のみ往来が許可されてて、一般の旅行者の往来は許可されていない。(2021年2月時点)

 

f:id:seattlelifelog:20210123024439j:plain

アメリカ側は州立公園「ピースアーチ・ヒストリカル州立公園」になっていて、駐車場に車を停めるのに料金がかかる。HPを確認し州立公園無料の日に行くことをオススメする。

 

f:id:seattlelifelog:20210123024444j:plain

国境のシンボル「ピースアーチ」。ちょうどこのゲートの真ん中で国境が定められてて、手前がアメリカ、ゲートくぐるとカナダになる。

普段はアーチの右側を車で通り過ぎて、アメリカ→カナダの検問へ、アーチの左側お車で通り過ぎて、カナダ→アメリカの検問へ向かう。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123024449j:plain

アーチの屋根には両国の国旗が掲げられている。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123024454j:plain

1814年に国境が開かれて、100年後の1914年に建てれたのかな。

 

f:id:seattlelifelog:20210123024459j:plain

「これらのゲートは決してクローズすることはないだろう」。『MAY』で始まっているのに、『NEVER』を使うあたり微妙な表現に苦労した様子。。。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123024505j:plain

シアトルからバンクーバーまで列車も走っていて、列車から見える国境(ボーダー)の看板。やけに古いのが印象的。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123024510j:plain

カナダ側からアメリカ側に入るときに見える看板。

 

f:id:seattlelifelog:20210123024515j:plain

こちらはアメリカ入国の際の検問ゲート。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123024520j:plain

こちらはカナダ側の検問ゲート。

 

 

f:id:seattlelifelog:20210123024526j:plain

アメリカの州立公園の道路挟んで目の前は、もうカナダのお宅。おそらく道路の中心が国境なんだと思うが、国境って思ってたよりも緩い感じだった。

 

メキシコとの国境にフェンスを造るぞ!と意気込んでいたトランプ前大統領だったけど、カナダとの国境は人が簡単に出入りできてしまう作りになっていたことに驚き。

 

普通にカナダの住人がアメリカの州立公園でBBQしてりテント張って寝転がったりしてた。

 

f:id:seattlelifelog:20210123024539j:plain

こちらもカナダのお宅。まさに豪邸。治安もよく住みやすそう。

 

普段、アメリカとカナダの国境が普通に明いていたら、思わず通り過ぎてしまうピースアーチ。一度車を停めて、ゆっくり散策してみると面白い発見があるかも。

 

 

シアトル最大の「ディカバリーパーク」に行ってきた!

シアトル最西端にあるディスカバリーパークに行ってきた。この公園はかなり大きく、たくさんのトレイルがあり駐車場から海岸までアクセスがたくさんある。

 

f:id:seattlelifelog:20210112142752j:plain

有名な「ウエストポイント灯台」。整備された芝生の端っこにある。

 

f:id:seattlelifelog:20210112142757j:plain

中には入れないため外観から見ることになる。

 

f:id:seattlelifelog:20210112142802j:plain

f:id:seattlelifelog:20210112142850j:plain

フェンスの外側から石の上をあるいて最西端まで歩いていく。

 

f:id:seattlelifelog:20210112142808j:plain

f:id:seattlelifelog:20210112142836j:plainf:id:seattlelifelog:20210112142814j:plainf:id:seattlelifelog:20210112142844j:plain

 

f:id:seattlelifelog:20210112142825j:plain

さすがに灯台から見る海の景色と夕日は最高。

 

f:id:seattlelifelog:20210112142830j:plain

電波塔もありました。

 

 

ウォーレス・フォールズ州立公園に行ってきた!

シアトルから車で1時間半にある、ウォーレス・フォールズ州立公園(Wallace Falls State Park)に行ってきた。

 

f:id:seattlelifelog:20201130091040j:plain

 

f:id:seattlelifelog:20201130091045j:plain

パーク入口から見える周辺の山々。とても大きく壮大な景色。

 

f:id:seattlelifelog:20201130091057j:plain

入口にトレイルマップあり。滝がメインの公園だけど、奥まで行こうとするとけっこう距離あり。(5~10kmぐらいあったかも)

 

f:id:seattlelifelog:20201130091103j:plain

この日は州立公園無料の日。ぎりぎり雨が降らなかった。。

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091109j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091115j:plain

駐車場横にトイレがあるので済ませておく。

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091121j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091127j:plain

トレイルに入っていくと、さっそく小さな滝が見えてきた。

 

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091139j:plain

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091156j:plain

山の色んな表情が見える。

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091202j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091209j:plain

熱帯雨林のような激しい曲がり方をした木々や草が多い。

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091214j:plain

滝が多いので橋も多い。

 

f:id:seattlelifelog:20201130091227j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091233j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091239j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091245j:plain

小さい滝が所々にあるので、ついつい足を止めて撮影。山の静けさの中に水の流れる音だけがこだまして、とても心が落ち着く。

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091257j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091303j:plain

f:id:seattlelifelog:20201130091310j:plain

こちらは少し大きめの川幅。滝の下流の方だと思う。

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091317j:plain

こちらは3段になっていて、各段で水の流れる方向が変わっている不思議な場所。見ていて楽しい。

 

 

f:id:seattlelifelog:20201130091334j:plain

帰路に見つけた滝。2つの滝が1つになるところで、けっこうな水の合流する音がしていた。

 

今回は山奥まで行ってないけど、それでも10種類ぐらいの滝を楽しめる州立公園。ダウンタウンから程よい距離でこの自然を堪能するには、夏がオススメ。