駐夫@シアトルの海外生活

駐夫(主夫)がシアトルの魅力を発信

スポンサーリンク

シアトル美術館(Seattle Art Museum)に行って来た!

シアトルには「シアトル美術館」と「シアトル・アジア美術館」があり、メインの美術館はこちらの「シアトル美術館」となっている。

 

通常、入館料は$20近くするが第一木曜日のみ入館料は無料。無料とはいえ、入口でパンフレットをもらう必要があるためチケット売り場に並ぶ必要はあり。 

 


f:id:seattlelifelog:20201115124744j:image

Seattle Art Museum = SAM というのがシアトル民の間での呼び名。


f:id:seattlelifelog:20201115124756j:image

巨大なハンマーを持った、ハマリング・マンが目印。この巨人の腕はゆっくりと上下してハンマーは振り下ろす姿が見られるので、ぜひ正面玄関で確認してほしい。

 


f:id:seattlelifelog:20201115124824j:image

ちょうどハンマーを振り下ろしたところ。この時は、冬だったこともありレッグウォーマーを履かせていた。


f:id:seattlelifelog:20201115124811j:image

1階チケット売り場上空あるオブジェ。


f:id:seattlelifelog:20201115124843j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115124907j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115124923j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115124938j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115124952j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115125007j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115125021j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115125041j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115125104j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115125122j:image

 


f:id:seattlelifelog:20201115125139j:image

とびきり有名な作品はないが、ゆっくり1時間~2時間美術を鑑賞することができる。絵画だけでなく彫刻や陶器などの西洋美術まで展示してあり、あらゆる大陸を網羅していある感じ。

 

 King County Library会員であれば、事前予約で4名まで無料になるサービスあるので、詳しくはKing County LibraryのHPで確認するとよい。

 

www.seattleartmuseum.org